ヘルパーと介護福祉士の違い

ややこしい制度論議争二旦置くとして、まず、ヘルパ と介護福祉士との違いは、後 l 半の「指導を行う」部分であり、「入浴、排班、食事その他の介護を行い」という前半部分の活動域は基本的に共通と考えてよいだろう。 次に、ヘルパ  l 一級、二級、三級の違いは、三級が家事援助に限定されているのに対 して、二級以上は身体介護も範囲になっている。一級、二級は基本的に同様の内容だが、  違いは一級の場合ヘルパ のリーダー的な役割を担うということのようである。 これに対して、ケアマネジャーは、介護サービスの利用者の介護プランを作成する役  割を負っている。公的介護保険サービスを受けるためには、ケアマネジャーによる介護  プランが必要になる。介護サービスに五年以上の実務経験のある者が受験資格を持つことになっている。  そして、資格の認定主体は、介護福祉士、ケアマネジャーに関しては国であり、ヘル パ 一級、二級、三級資格は地方自治体である。一級は二三 0時間、二級は一三 0時間、  三級は五 0時間の講習を受ければよく、各種団体の講習などで所定のコ スを修めれば資格取得となるのである。取得後は自治体に登録されるということなのだろう。こうしたコ スの違いは自ずと報酬に明白な差を生じさせることになる。 l 「介護福祉士/月収」のネット検索で見つかった秋田県「大曲市・仙北郡/一六年二一月二四日現在」によると、主に学校卒業後ということで、「介護福祉士」は一五万1一八万円、「ヘルパ 一級」が一三万円とある。

参考:

Comments are closed.