収入の上限

ヘルパ 収入の上限には自ずと限りがあることになる。 このことは、一定の限られた資金を補助金として受け取るケア会社にすれば、収益性 の高い事業会社を実現することは初めから考えにくいことである。 単なる利用者数の拡大は経営の効率化にほとんど関係なく、ヘルパーへの支払いをいかに切り詰めるかということが唯一の政策ということになるはずだ。(当初の補助金体系の下では、地域のケア会社への補助金が少なかったため、会社経営はかなり苦しく、 ll その後金額が増額改定されたことで、息が付けるようになったようである) ワイフは別のパ トも並行しているので、介護ヘルパ の肉体的な大変さを身にしみて味わっている。その言を借りると、物を扱うパ トの方がはるかに楽であり、その意味では、介護ヘルパ の金銭的な価値を測ることはできないという。 時給計算では二倍でも三倍でもいいのではないかと言いたげではあるが、その職業的 な倫理(人の手足となる)の究極的な形は、極めてボランティア精神に基づくものと言 えるであろう。  つまり、介護ヘルパ!という職業は、ヘルパのボランティア精神的な善意を期待す  ることで成り立っていると舌早える。もちろん、物を扱う他のパ トでは味わえない、利用者からの感謝、その人達へ奉仕することの喜びを得ることができるということはある かもしれないけれども。 うガラスのホームヘルパー  パート収入は家計にとっては、副業扱いである。

出典元:

Comments are closed.